バリフを服用する際の注意点って何?

バリフを服用する際の注意点って何?

バリフは勃起不全(ED)治療薬のひとつです。血管拡張作用によって血流不足を改善し、勃起の持続をサポートする効果があります。また、バリフには即効性があり、服用後15~20分ほどで効果があらわれます。持続時間は長く、効果は8時間~10時間ほど続きます(20mgの場合)。さらに、食事の影響をうけにくく、服用タイミングがあわせやすいというメリットがあります。

 

とはいえ、どんな医薬品にも注意点があります。それを無視して使用すれば、思わぬトラブルが発生するかもしれません。効き目のしっかりした医薬品だからこそ、ただしい効果を得るために、注意点はきちんとチェックしておきましょう。

 

バリフの仕組み

勃起は性的な興奮や刺激によっておこります。性的刺激を受けると、その情報は大脳から脊髄をとおり陰茎へと伝わり、cGMPという物質が増えます。cGMPには陰茎の平滑筋を緩めるはたらきがあるため、海綿体に血液が流れこみ勃起状態となります。

 

いっぽう、性的興奮がおさまると、勃起も自然におさまります。これにはホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素がかかわっています。PDE5は陰茎海綿体にある酵素で、性的興奮がおさまるとcGMPをこわします。その結果、海綿体の血管が収縮して勃起がおさまるのです。勃起不全の人はこのPDE5が多いため、正常に勃起ができません。つまり、PDE5のはたらきをブロックすれば、勃起の持続時間が長くなるというわけです。

 

バリフを飲む際の注意点

ここまで、バリフの勃起不全を改善する効果について解説してきましたが、バリフを使用するなら注意点について知っておくことはとても重要なことです。思わぬリスクをさけるためにも、どんな場合に使用禁止・注意となるのか、きちんと頭にいれておきましょう。

 

ここからは、知っておいたほうがよい注意点についてみていきましょう。

 

服用が禁止されているケース

硝酸剤・一酸化窒素(NO)供与剤投与中患者

硝酸剤・一酸化窒素(NO)供与剤はバリフの降圧作用を高めますから、併用により急激な血圧低下のリスクがあります。

 

場合によっては死亡するケースもあるため、ぜったいに併用しないようにしてください。

 

心血管系障害があるなど医師から性行為を禁止されている患者

 

心臓や血管など循環器系の病気では、血圧・心拍数を増加させる性行為そのものが命にかかわる危険な行為です。

 

したがって、医師から性行為が危険と判断された場合は、服用禁止となります。

 

先天性のQT延長患者、クラスIA・クラスⅢの抗不整脈薬投与中患者

 

もともと心電図上でQTcの延長がみられたり、抗不整脈薬を使用中の場合、バリフとの併用でQTc延長が強まるおそれがあります。

 

症状によっては多形性心室頻拍など危険な不整脈がでることもあり、服用は禁止となります。

 

6か月以内に脳梗塞・脳出血、心筋梗塞の病歴がある患者

 

性行為は血圧上昇など命にかかわるリスクがあるため、脳や心臓の状態によっては、勃起不全の治療ができません。

 

そのため、6か月以内に脳梗塞などの病歴がある場合は、服用禁止となります。

 

重度の肝障害患者

 

バリフはおもに肝臓で代謝される医薬品であるため、肝臓が悪い人はうまく代謝することができません。

 

その結果、血中濃度が上がりやすくなり、深刻な副作用がでたり、命にかかわる危険性もあります。

 

血液透析が必要な腎障害、極端な低血圧・高血圧、不安定狭心症患者

 

上記症状では、バリフの安全性がみとめられていません。

 

重大な健康被害を避けるため、併用することはできません。

 

リオシグアト、CYP3A4阻害薬投与中患者

 

リオシグアトはバリフと併用することで、急激な血圧低下を起こす危険性があります。

 

また、バリフはCYP3A4という酵素で代謝されるため、CYP3A4阻害薬と併用すると効き目が強すぎたり、深刻な副作用がでることがあります。

 

網膜色素変性症患者

 

網膜色素変性症患者のなかには、網膜視細胞の酵素(PDE-6)に遺伝的異常をもつ人がいます。

 

バリフはPDE-6のはたらきを阻害し、症状悪化の可能性があるため服用は禁止されています。

 

服用注意のケース

陰茎の構造に欠陥のある患者

勃起時に陰茎が上下左右に曲がってしまったり、陰茎の線維化、ペロニー病がある人は、性行為によって痛みがでることがあり注意が必要です。

 

持続勃起症の原因となる疾患のある患者

持続勃起症は、鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病などの患者におこりやすいといわれています。

 

また、可能性はかなり低いですが、ED治療薬の副作用で持続勃起症を発症するケースもあるため、慎重に投与する必要があります。

 

PDE5阻害薬もしくは他の勃起不全治療薬投与中患者

バイアグラやシアリスなどとの併用は、安全性が確認できていません。どんな副作用がでるかわからずリスクが高いといえるでしょう。

 

出血性疾患もしくは消化性潰瘍患者

これらの疾患では、併用することで出血を強めてしまう可能性があります。

 

また、NO供与剤のニトロプルシドナトリウムとの併用は、血小板凝集抑制作用を強めることがあります。

 

CYP3A4阻害薬剤投与中患者

バリフはおもにCYP3A4という酵素によって代謝されるため、併用すると効き目が強くですぎることがあります。さらに、副作用リスクを上昇させる可能性もあり、注意が必要です。

 

高齢者

高齢者は代謝機能が弱まっているため、効き目が強すぎたり、強い副作用がでることがあります。そのため、投与する場合は低用量の5mgから開始するなど、じゅうぶんに注意しなければなりません。

 

中等度の肝障害患者

肝臓が悪いということは代謝機能も低下しているということです。そうなると、血中濃度が上がりやすくなり、さまざまなリスクが考えられます。バリフを使用するなら、低用量(5mg)か開始して様子を見ながら投与しなければなりません

 

α遮断薬を投与中患者

α遮断薬とバリフを併用すると、症候性低血圧になるリスクがあります。症状が落ち着いていることを確認したうえで、低用量(5mg)から開始して様子を見ながら投与しなければなりません。

 

バリフの服用方法の注意点

バリフの避けたほうがよい服用方法、飲まないほうがよいタイミングなどについて解説します。

 

大量服用は避ける

決められた用量をまもらずに大量服用すると、一時的な背中の痛み、筋肉痛、視覚異常など、さまざまな症状がでることがあります。

 

性行為感染症予防目的の服用は避ける

バリフには性感染症を予防する効果はありません。間違った目的で使用しないようにしてください。

 

機械や車の運転は避ける

バリフによって、めまいや視覚障害などの副作用がでることがあります。車の運転などに影響をおよぼす危険性があるため、直前の服用は避けましょう。

 

バリフの副作用・相互作用に関する注意点

ここまで、バリフを服用する注意点や服用タイミングについて解説してきました。

 

しかし、健康上なんの問題もない人がただしく服用していても、副作用がでることがあるのです。それをふまえたうえで、副作用にはどんな症状があるのかを知っておきましょう。

 

また、併用による問題点もすでに解説していますが、バリフだけの服用と違い、体にあたえる影響も変わってきます。

 

ここからは、その2点についてみていきましょう。

 

バリフの副作用について

バリフには副作用がありますが、その症状はそれほど心配するものではありません。ただ、確率はゼロではないのです。

 

おもな副作用は

 

顔のほてり、頭痛、めまい、鼻づまり、目の充血、動悸、消化不良

 

などがあげられます。

 

とはいえ、深刻な症状にいたることはほとんどありません。それでも、やっぱりつらいというのであれば、我慢しないで医師に相談しましょう。薬の種類を変えたり、量を減らすなど、適切な対処法を考えてくれるでしょう。

 

バリフの相互作用について

医薬品は症状や効き目にあわせて、その処方量が決められています。そのため、想定外の効果がでてしまったら、ただしい治療効果が期待できません。

 

くり返しになりますが、バリフと硝酸剤・NO供与剤との併用は、効果が強くですぎてしまい過度な血圧低下をまねくことがあります。

 

また、CYP3A4を誘導する薬と併用すれば、効果がなくなってしまうこともあります。

 

このように、複数の医薬品を併用することで悪影響をおよぼすのが相互作用です。組みあわせによっては危険な症状がでるケースもあるため、相互作用のある医薬品は併用しないよう注意しましょう。

 

バリフとはこんな薬

バリフは海外のジェネリック医薬品です。日本国内ではほとんど入手することができません。しかし個人で使用する時のみバリフを輸入することができます。

 

バリフの特徴としては水なしで服用することができることです。身体により吸収しやすいので薬が苦手な人も安心して使うことができます。ピルカッターなどで半分に切断して服用すればよりコストパフォーマンスに優れ、安く済ますことができます。薬を飲むときは空腹時に飲んだほうが良いです。

 

バイアグラ並みのスピードでリスクを改善することが可能なので焦ることはなく無理なくマイペースな形で服用可能です。食後に服用してもバリフの効果はほとんどなくなりません。またほかの薬との服用ができるので他の病気にかかっても安心して使うことができます。

 

コスト的にも経済的にも購入することができます。お金があまりない人にとっては安心です。日本人のユーザーの多くが非常に高い支援効果を発揮していて、人によっては、1錠や2錠といった少量でも大差ないメリットを得ています。バリフは小さな薬なので保存する上で安心することができます。飲んだ後は車の運転を控えて、リビングや布団の上などで安静にすると良いです。


http://passtore.net/ http://dampfinator.com/ http://blognotice.net/ http://financialmentoring.net/