1年代バッファ

今日は、メルカリで売れたものは発送してから、近くのモールへ。
子どもの1年代の誕生日がまもなくなので、1年代バッファを作ろうと思います。
出生ときの身長って胸囲と同じ容量で定める1の形のバッファだ。
裁縫は苦手だけど、ミシンないし手縫いで仕立てる意向だ。できるのかなぁ?。
のち、欲しかったサッシュベルトが安くでポイントに入って嬉しかったです。
夜はゴマ豆乳鍋にしました。最近は100均で鍋の素が売っててびっくりしました。
あしたはお母さん会だったけど、子ども鼻水じゅるじゅるだし、欠席だ。私も鼻水が止まらない。
花粉じゃなけりゃいいけど。
たまにはスパイシー日光もほしい
漫画やドラマまでを見ていると、自分もこうした平凡な姿勢ではなく、一段と恐れにあふれた世界で生きたいと思います。けれどもおよそ、本当にそうなったら疲れてしまい、平凡な姿勢に憧れるだろうこともわかっています。ですから今は、糧が欲しいことといった和やかが欲しいこと、その二つを平等になるような姿勢が目指すなと思っています。
たとえば、非日常を味わいたいなら海外トラベルとか。けれども私は体調のことがありそれができなくなっているので、他のこぶしを使うしかありません。現実逃避になってしまいますね。何か海外トラベルに変わるものが見つかればいいのですけど。