月別アーカイブ: 2015年5月

カーナビのデータが浮気の証拠になることも

飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに点検するようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、同伴者がいたおそれがあります。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意する必要があります。

そして、よくガソリンが入れられていた場合、車で会っている場合があります。
本人に気づかれないようにして、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。
せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間に十分証拠となる写真を撮ることができます。

問題なく探偵が調査をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が困難になり、証拠が揃わないこともあります。たとえ探偵が浮気調査をしても、100%成功することはあり得ないのです。成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。頻繁に掛かってきたり繰り返し、また定期的にまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのは非常に高いと言えます。そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。

しかしパートナーの方が一枚上手ですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。