Lの意味が凄い気になる

情報を見ていたら、トランプ大統領のソーシャルネットワーキングサービスで、安倍総理が帰ったというストーリーの最後に「L」という大文字が記載されていたそうです。文末に変に登場する「L」においていかなる意味があるのかというネットでは大論争になっていました。LOSERのLだという他人も数多く、出来損ないについてですとか、打ち間違えですとか色々な推測が飛び交っていました。アメリカ合衆国では大文字で何か隠語のようなものを残す教養でもあるのでしょうか?こちらは、LOVEのLもいいのになと思いましたが、後ろ向きな意図だとしたらトランプ大統領はめったにしたたかな他人なんだろうなと思います。あそこまで友好的に面会を通じていても、腹の中では何を考えているのか思い付かものですね。すり合わせや外交って高度な精神戦なんだろうな。
小柄な乙女の強みに対して!
今日、街路で身長150cm以下の少女をぐっすり見かけます。
以前は小さすぎる少女は”オンナ”を感じないので注意がなかったのですが、最近になってなかなか小柄な少女が気になって振舞いなくなりました。
端緒は行きつけのコンビニエンスストアの店員で著しく綺麗で美しい少女がいるのですが正面から見ると可愛くて、隣から見ると眩しいという感じの20年齢前後の少女なのですが、取り付けまつげもそれほど似合って色っぽくて、この間花びらの形態をした銀のピアスを通していたのですが大いに可愛く色っぽくて「必ず綺麗な奥様ですなぁ」と思いました。
小柄なので自然と配下から上目遣いとなるのですがそれがまた父親はもっとしまうものであり、小柄な少女もまんざら捨てたものではないと思いました。